アフィリエイト

副業から起業への道筋

こんにちは!あきのりです!

 

2019年が始まり3日が経ちました。

皆さん年末年始はゆっくり休めていますか?

 

僕は今年目標とする脱サラに向けて、

日々のアフィリエイトの作業に力を注いでおります!

 

常に上を目指さなければ下降していく一方

ですので。

 

さて今回は

副業から起業への道筋

についてお話ししていきたいと思います!

副業から起業への道筋

「起業」の画像検索結果

インターネットが普及したことによって

以前に比べると確実に起業しやすい時代になったと思います。

 

時間や場所の縛りが少ないアフィリエイトをはじめとするビジネスの台頭が

起業のハードルを下げた大きな原因と言えますね。

 

特にITビジネスの場合は

多くの資金や人脈などが必要なく、

パソコンとインターネットにつながる環境さえあれば

すぐにビジネスを始めることが出来ます。

 

独立や会社を興すだけが起業ではありません。

 

毎日多くの時間に拘束されている会社員、

フリーターでもネットビジネスには取り組めます。

 

僕も現在会社員をしながら、

副業としてアフィリエイトに取り組んでいます。

 

稼げるノウハウさえあれば起業は

それほど難しいものではありません。

 

副業や起業のランキングなどでも

決まって1位はインターネットを主体とした

ビジネスであることがそれを物語っています。

 

昔は副業なんかじゃ成功できない

などと言われていたようですが、

 

時間と場所の制約が少ない「ITビジネス」なら

そんなことを気にする必要はありません。

 

副業だろうと本業だろうと基本的に

やる事は大して変わらないわけですから。

成功の定義とは

「成功の定義」の画像検索結果

必ずしも全員が成功できる

とは決して言えません。

 

その原因は失敗などではなくて

挫折して途中でやめてしまうからなんです。

 

諦めずにコツコツやれば誰でも成功のチャンスがあります。

 

起業する人の多くは基本的に何かしらの夢や希望を持っています。

その夢や希望を叶えることが成功であるわけですから。

 

当然成功の定義は人によって異なります。

 

だからこそ、ここの部分だけは

教えたり、教えて貰ったりするのが難しいです。

 

副業、起業の目的が曖昧だったり、

自分にとって大切なことの優先順位をハッキリさせないまま

とりあえず会社を辞めたいという人がいますが、

それはかなり危険なのでお勧めしません。

 

本業を辞めたいのにやめられない人は

本業の代わりになる収入源を確保

出来ていないから辞めにくいのです。

 

収入源を確保出来てないのに

辞めようとしてる人は単に

辞めたい言い訳を作っているだけです。

目標意識の重要性

「目標」の画像検索結果

上記で述べたような状態で、副業一本にした所で、

何のために頑張っているのかわからなくなり

モチベーションが維持できずに挫折してしまいます。

 

なので私はお問い合わせいただいた際に、

目標、夢、将来どうなりたいか、

なぜ稼ぎたいのか、どう変わりたいか

をお聞きしています。

 

僕が

『吃音で自信がない自分を変えたくてビジネスを始めた』

 

と言ったように、皆さん必ず何か目的、目標があって

ビジネスを始めると思うのです。

 

僕がやっているアフィリエイトを副業として教えて、

稼がせることは難しい事ではありません。

 

ですがどうせ教えるなら、

稼ぐ目的は違うにしろ、成功という同じ着地点に向かって

努力する方々をしっかり教えていきます。

 

思考は現実化する

なんてことも言われるように、

「成功とは何なのか」

という問いを常に自分に投げかけ、

実現したい願望を出来るだけ具体的にしておくことが重要です。

 

実際に成功している人ほど

自分の夢や希望について聞かれると

これでもかと言わんばかりに

何時間でもしゃべり続けます。

 

テレビやネットで有名な起業家の

方たちがとても饒舌なのは

常日頃いかに真剣に自分の夢や

希望と向かい合っているかの

現れだったりすると思います。

 

これから始めるビジネスにすべてをかけて真剣に取り組み、

幸せな状況にいる自分をイメージできていれば、

それまでの窮地

過去のつらい経験

どんなに大変な人生だったか

を超えて楽しく稼げるはずです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆LINE@はこちら
LINEID:@ari9720u
スマホの方はワンタップで追加できます^ ^
パソコンの方はQRコードを読み取って追加できます!!

“友達追加”